こんな症状ありませんか?

甲状腺の病気

甲状腺は、のどぼとけの下で気管の前にあり、血液中にホルモンを分泌して、代謝を正常に保つ大切な役割を持っています(甲状腺ホルモンはヨウ素を材料にして作られます)。
甲状腺の病気は、一般的にあまり知られていないため、なかなか発見しにくい病気ですが、以下のようなきっかけで、受診する方が多いようです。

  1. 甲状腺の機能異常による症状を感じたから
  2. 首の前部が腫れているようだから
  3. 眼球が飛び出しているようだから
  4. 健康診断で数値の異常を指摘されたから

甲状腺の機能異常、つまり甲状腺の働きが亢進したり低下すると下記のように様々な症状が現れます。 ご覧になっておわかりのように、一般によく見られる症状です。心臓病、糖尿病、更年期障害、またはうつ病、認知症など、別の病気に間違われやすい病気ではありますが、甲状腺の病気かどうか一度は検査することをおすすめします。

症状
  • 首の前、のど仏の下のあたりが腫れてきた
  • 眼球が突出してきた
  • 安静にしているのに、心臓がドキドキする
  • 手指が細かくふるえる
  • 暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく
  • よく食べているのにやせてきた
  • イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった
  • 体が冷え、寒がりになった
  • 肌が乾燥し、カサカサになった
  • 体が重く、だるく感じるようになった
  • 食欲がないのに太ってきた
  • 朝起きたときに、顔や手がむくむ
  • 便秘をしやすくなった
  • 昼間も眠く、居眠りをするようになった
  • 脈がゆっくり静かになった
  • 月経が不順になった
  • 首にしこりがある
  • 首のしこりが、ピンポン玉のように感じる
甲状腺の病気について
  • こんな症状ありませんか?
  • 甲状腺の病気と治療
    • バセドウ病
    • 橋本病
    • 腫瘍性疾患
    • その他の甲状腺の病気
  • 優先予約システム お電話で予約を受付いたします 052-252-7305 お問い合わせ時間 午前9:30~午後6:00(休診日を除く)

ページの先頭へ