アイソトープ治療について

アイソトープ治療はRI治療や核医学治療とも呼ばれていて、放射性物質(ラジオアイソトープ:RI)を含む薬を用いて病気の治療を行います。この放射性の薬剤が内服・注射などにより体内に入ると、特定の組織(甲状腺・腫瘍・がんなど)に集まります。
当診療所では、放射性(131I)ヨウ素の内服による、バセドウ病アイソトープ治療・分化型甲状腺癌術後のアブレーションを主に行なっています。

場所:2F アイソトープ検査室

バセドウ病アイソトープ治療

放射性薬剤として放射性ヨウ素(131I)カプセルを使用します。
甲状腺はヨウ素を原料にしてホルモンを作りますが、放射性ヨウ素も普通のヨウ素と同様に甲状腺細胞に取り込む性質があります。さらにバセドウ病は通常よりも多く細胞内に取り込むため、この性質を利用して治療を行います。放射性ヨウ素カプセルを内服し、甲状腺に取り込まれた放射性ヨウ素から出る放射線によって甲状腺の細胞を破壊して、過剰に分泌される甲状腺ホルモンの量を減らします。
治療前の準備として、放射性ヨウ素を使用する治療では、適切な治療効果が得られるように、事前にヨウ素の制限や指定薬の制限をしていただく必要があります。しかし、治療は放射性ヨウ素カプセルを服用するだけですので、手術のような傷や痛みの心配はありません。手術よりも身体への負担が少なく効果が得られるのが特徴ですが、治療効果が十分に表れるまで半年~1年かかります。しばらくは、抗甲状腺薬かヨウ素剤を減量しながら服用して、薬で甲状腺機能を正常にするように努めます。ホルモンが安定してきたところで薬を中止します。当診療所では、甲状腺の大きさによって服用する放射性ヨウ素の量を調整していますが、治療効果には個人差があります。場合により、甲状腺の細胞が予想よりも減少しその結果甲状腺機能低下症になる場合がありますが、甲状腺機能亢進の状態よりも心身への負担が少なく、甲状腺ホルモン薬の内服によって正常に維持することが容易です。例えばアメリカでは最初から甲状腺機能低下症を目指した治療方針をとっています。

治療前
治療後

外来アブレーション治療

放射性薬剤として放射性ヨウ素(131I)カプセルを使用します。
甲状腺癌も甲状腺に由来する細胞のためヨウ素を取り込む性質があります。放射性ヨウ素も普通のヨウ素と同様に取り込むためこの性質を利用し治療を行うことができます。
当診療所では、外来アブレーション治療(※適応条件有り)を行なっています。

アブレーションとは

甲状腺全摘術によって病巣をすべて取り除くことが出来たと判断された場合でもわずか甲状腺が残っています。わずかに残っている甲状腺をそのままにしておくと甲状腺癌が再発したり、他の部位へ転移したりすることがあります。これを予防する目的で、放射性ヨウ素でわずかに残った甲状腺を処置することをアブレーションと言います。
アブレーションを行なっておくと、再発予防になるだけでなく、万が一再発した場合にも、発見しやすくなることが知られています。
アブレーションは、甲状腺全摘術あるいは甲状腺準全摘術を行った患者さまに行なわれますが、甲状腺癌に取り込まれる放射性ヨウ素の量は通常の甲状腺細胞に比べ少ないため、より効果的に治療を行えるように、事前にヨウ素の制限や指定薬(甲状腺ホルモン薬・ヨウ素を含む薬)の制限をしていただく必要があります。

※外来アブレーションの適応条件
分化型甲状腺癌かつ遠隔転移が無いこと
隔転移が確認されている患者さまについては、他医療機関を紹介します。
アブレーション治療後の効果判定

アブレーション治療後の取込を確認したシンチ画像です。
手術後にわずかに残った甲状腺へ取り込まれた放射性ヨウ素の様子です。
赤◯部分が取り込まれている部分です。

アブレーション治療の6ヶ月後に行った治療効果判定のアイソトープ全身シンチ画像です。
左図の赤◯部分が消失しており、甲状腺がアブレーションされています。

検査について

  • 優先予約システム お電話で予約を受付いたします 052-252-7305 お問い合わせ時間 午前9:30~午後6:00(休診日を除く)

ページの先頭へ